BlogTop > daily day

2015.08.10

真夏の!?お散歩グルメの会

先日の進撃脱出の結果ですが。

……かろうじて?成功。

てか。

謎はカンタンだったんだけど移動距離がハンパ無くって、結果、猛暑で疲れきってしまいましたとさ。^^;

難しい脱出は、こういう遊園地イベントじゃないやつなんだということが判明。

ま、東京ドームアトラクションズのジェットコースターは乗ったことが無かったので、結果よし。

マンション22Fの高さから落ちる感覚が体験できて良かったです。

カラダ、もってかれるかと思った。(爆笑)

* * *

で、水曜のイベントがあまりに酷だったので、こんなに暑かったら今日のお散歩は死んじゃうかも???と思っていました。

ですが、自然は我に味方した!

朝から雲が厚く、先日来の猛暑も落ち着いたとみえて、これならいける!!と某駅でまるむしさんと待ち合わせし、清澄白河でお散歩グルメの会実行!

一番の目的は『リカシツ』という、理科で使用するガラス器具をインテリアにアレンジして見ませんか?的コンセプトのお店に行くことでした。

まだランチの場所も決めていなかったので、せっかく深川だし、やっぱり深川めし?とか、評価の高そうなイタリアン?とかいろいろ街をめぐりながら周辺を探索。

結局『心らん』という和食のお店に入りました。

本当は表にあったメニューのコースを食べたかったのですが、中に入って聞くと予約が必要(だったら表にかいておこうよ^^;)とのことで、えーって思いつつも、もう店に入ってしまったので、それならということで天ぷらとお刺身のセットを注文しました。

突き出しの、ちょっぴり洋風の味のする?とうもろこし入り豆腐がなかなかおいしくて。

その後、天ぷらとお刺身の切り身の盛り合わせが届きました。

天ぷらの衣は無駄に厚くなく、素材の味を大事にした気取らないおいしさ。お刺身はもちろん生きのいい!!とまではいえませんが、無難に合格点。

微炭酸オーガニックジュースのもも初めに頼んで、結構おいしかったので食後にざくろも頼んで「ポリフェノール感じるねぇー」とか。(笑)

コースは食べられなかったのですが、きっと平均値は高いであろう料理のグレードだったので、総じて近所にこんなお店があったらリピートだね、と思える印象でした。

ということで、おまけの☆4

心らん

* * *

このあとリカシツにて格安ビーカー購入。

とっても近かったので、日本初上陸の『Blue Bottle Coffee』にもいくことに。

ここは表参道にもあるようですが、清澄白河が一号店とか。

ここはやっぱり『水出し16時間』のシングルオリジンと、普通にアイスカフェオレを注文。

シングルオリジンはナッツの風味?とか書いてあった気がしたけど、どこが??という印象。
まぁすっきり飲みやすいアイスコーヒーではありましたが。

正直、そんなに並んでまで飲まなくても?と思っちゃいました。^^;

期待値、高すぎだったか???

せっかくリカシツでビーカー買ったので、ちょっとかわいかったオリジナルセラミックドリッパー1800円を記念に?購入しました。

帰りに富岡八幡宮で『大吉』を引いてご満悦。思い切って踏み出せ!!と後押しされ、まだ時間が早かったので隣の『成田山東京別院』に行ったら、ちょうど17時からの大護摩奉納修行が始まる直前に出くわし、ノリで参列。

ここでは一般参列者も初めに合掌し穢れを祓うという手順があり、なんとなくありがたい気分でした。

一通り祈祷が終わり、参列者全員も鞄や財布、免許証などを護摩の火にかざし不動尊のご利益をいただくことができ、最後にお坊さんの説教を聞き終了。

ちゃんとこういったことに参加したことが無かったもので、なかなかいい経験ができたなーと思いました。

これぞ、真のお散歩グルメの会。(笑)

2010.05.15

ドロール 代官山店 (drole)

今日は、お散歩グルメの会初の番外編。

お互い、いろいろありすぎて、そろそろ気分転換しようよということになり、英語の師匠と一緒に代官山ランチに行ってきました。
駅一個手前の中目黒までは時々行きますが、代官山はホントに久しぶり。記憶にある町並みの印象とはだいぶ違っていて、時の変遷を感じさせます。そのくらいいってないなぁ……。(笑

英語の師匠がいつも代官山で利用するのはドロールというカフェ。

http://ambidex.co.jp/

ゆっくり話が出来て、ケーキもたくさんあるしいいとこだよーというので、案内してもらいました。

駅からは程近く、でも、入口は白い壁にヒト一人が通れるほどしか幅がない、穴ぼこ的空間。
その、見逃しそうな隙間みたいなところにあるコンクリートで出来た階段の先に、お店のドアを発見しました。
のっけからなんだか隠れ家みたいで、面白いお店。(笑

12時前でしたが、平日という事もあってかお客さんはまだ姿が見えず。

席はお好きなところへ、って感じなので窓際の2人席に陣取りました。

このほか、窓際の並ぶカウンター席やちゃぶ台席、ゆったりソファー席もあって、なかなか店内はユニーク。
生成りのコットンやレース、ミニプラント、使い込んだキッチンツールなんかをイメージさせる、どこか懐かしい感じの店内です。

ランチは店内に漂うスパイシーな匂いにつられて『スパイシーチキンカレー』を注文。
セットで小さなボウルに生野菜のグリーンサラダが付いてきますが、葉っぱが大きくたくさんあるのに入れ物が小さいので、ちょっと食べにくい。(数枚カケラを落としてしまったヨ^^;)
カレーはオレンジ色のオイルが少々皿の端にたまって気になるところですが、チキンはやわらかく、カレーのお味は、見た目よりも淡白な印象で「煮込んでます!!」って感じの超熟成まろやかカレーでした。
もうちょっとスパイスが感じられても良かったかなーとも思いましたが、ああそうか。インドカレーとは全く対極にあるフランス風のカレーなんですね。
だから、角のない熟成された味なんだわ……納得。

セットのアイスティーは濃い目のお味で無難に美味しかったです。(おそらく茶葉から入れた味じゃないね、と感じたよ。笑)

正直なところ、下手な人が茶葉で入れ、苦かったり薄かったりする紅茶よりも、全然美味しいよ。(笑

で、当然スイーツもいただきました。

私が食べたのは、バナナタルト。

ケーキはWeb評判がいいようで、甘すぎない生クリームに大きなバナナが二列で顔をのぞかせ、チョコのコーティングの上にはクルミ(と思う木の実)のクランチと、なにやらフレーク状もののがトッピングされ、土台のタルト生地の中には、しっとりとしたケーキ生地の層が敷かれていました。

タルト生地も良い味だし、見た目にものすごくボリュームを感じた生クリーム他のデコレーションは、お腹いっぱいの胃にいとも簡単に美味しく吸収されました。

そのくらい食べやすいし味が良かったです。見た目はちょっときついかなーって感じがするボリューム感なんですけどね、味がとってもいいので意外にぺロッと食べれちゃいます。ハイ。

アイスティーをカレーで飲みきったので、ホットコーヒーを頼んだのですが。

さすがはフランス風。

でっかいカフェオレボール的な量でコーヒーが登場。

しかも濃い!

で、あまりに濃いのでミルクをちょっと入れるくらいでは、濃さが舌に残る。そこでピッチャーに入ったミルクを全部入れちゃいました。多分100ccは入れたな。^^;
そしたらちょうどいい感じでした。さらに量は増えますけどね。(笑

もしかしたらカフェオレ用の濃いコーヒー(エスプレッソのような苦味はない気がしたんだけど)を入れてきたのかもなぁ、とこの記事を書いてて感じました。

【リピーター度】☆4 ランチで利用というよりも、純粋にカフェとしてもう一度利用したい場所。とにかくお天気のいい窓際席は、高い視点からの眺めが気持ちいい。そして、ケーキは他にもおいしそうなものが8種類前後は常時ありそうなので、 次に代官山にきたらまた利用したいと思います。

2010.01.18

つるとんたん 新宿店

1月お散歩グルメの会、まずは一件目。

つるとんたん
http://www.tsurutontan.co.jp/index.html

以前から名前は聞いていたうどん屋さん。

芸能人がよく紹介しているお店で、新宿以外に六本木にもありますが、詳細はHPで。

お店はごみごみした歌舞伎町の奥のほう。昼間だというのに周辺にはホストのお兄ちゃんや明らかに買い物客とは思えない大人がいっぱい。叙々苑ビルの横を通り過ぎたそんな歌舞伎町らしさ満載の一角に、HPで見た店先の光景を見つけました。

既に20~30人の列が出来ています。
実は地図なし、記憶もうる覚えで行ったので、ちょっと迷いましたよ。^^;

待つ事1時間。寒さもハンパないけれど、みんなうどんのためによくここまで待ってるなー、なんて言いながら、自分達だって同じだよ、と。

やっと店の中が見えてきた頃、どう考えてもここは以前、クラブとか水商売系やってたでしょう?って感じの内装が。
とうていうどん屋には見えません。(笑

やっと席に案内され、注文です。

うどんスープは実に様々。季節のメニューにはタンシチューやブイヤベースもあったりで、これは既にうどんじゃないよ、っていう印象。でもおいしそう。(笑

いろいろ迷った挙句、結局、二人とも具沢山 石焼き白湯のおうどんにしました。だって寒いんだもん。

海老・海老芋のチーズかき揚げと穴子特製いなり寿司も頼みました。お腹空いてたんですよ。待ち時間長くて、既におやつの時間なんだもの。

穴子寿司は小ぶりでしたが、美味しくてよし。かき揚げはメニューに載っていた写真よりも量は多目。子供のげんこつほどの大きさで4個もあり、熱々をすだちと岩塩で美味しくいただきました。

共になかなかいいお味。こりゃ味的には平均値高めで、期待できるかも。

で、程無くおうどんがやってきました。

ええ。ぼこぼこ音が聞こえるほど沸騰した石焼うどんです。何もそこまで焼かなくてもいいんじゃないかというくらい、盛大に湯気が上がってます。

携帯で写真を撮っても、湯気が多すぎてうまく撮影できません。そんなこんなしているうちに、湯気も少しおさまってきたので、早速食することに。

まずはスープ。

うん、うまい。

あれ?

……でも、なんだか後口が塩辛い?

一口目なのにこんなに塩気を感じてちゃ、最後はスープいただけなくなりますね。

で、猫舌が自慢のまるむしさん。

「水で薄めちゃおう」

え?

……入れた。

「あー、これでちょうどいいよ」

そう?

早速、マネしてみる。

本当だ、ちょうどいいじゃない。それに全然さめた感じもしない。(ヲイ

それほど熱いということでして。(爆笑

きっと、元はそんなに塩分濃くないんでしょうけれど、あまりの沸騰ぶりに水分が蒸発しすぎて煮詰まったんだろうね、という事になりました。

スープの旨みは大変美味しいと思いました。だからこそスープはもう少し飲んでおきたい。そんなこんなで塩気的に実に残念。

あらかじめ薄めに調理するのが望ましいと思いますが、まぁ、初めにお冷が来ますし……個人で水入れて調整してね、という事か?(それ、違うから)

うどんは少し少なめに思えました。
オーダー時にうどん玉の量は尋ねられるので、うどんだけでお腹いっぱいにしたい時は一つ半とかにしたほうがいいかもです。

自分達が案内された席は、入り口に面したカウンター席で、人が出入りするたびにドアが開くので、はっきり言って寒いです。ガラスの向こうで待ってる人がジロジロ見てるしー。^^;

【リピーター度】☆4 人気店で、待ち時間が長すぎ。もし今度行く気になった時は、石焼じゃなく、汁が蒸発しないのを頼んでみようかと。