BlogTop > Gourmet > ranking star2

2010.04.02

郷どり燦鶏  ポーラ渋谷ビル店

3月のお散歩グルメの会、3軒目は……こちら。

郷どり燦鶏 ポーラ渋谷ビル店
http://www.jc-comsa.co.jp/comsa/gyotai/tem_5.html

下調べのないまま夕ご飯を食べる店を探して、渋谷の明治通りの宮下公園付近を21時ごろ徘徊。(笑

何軒か通り沿いの店の看板を見てまわり、ナニゲに昼に食べた天丼が足を引っ張っているので、何が食べたいかというよりも、何なら食べられるか(!)ということで、トリスキーなまるむしさんにセレクトを依存。

「鳥雑炊とか……いいよね」

賛成!!

雑炊ではありませんでしたが、鳥茶漬けがメニューにあったのでここに決まりました。

付き出しの煮物の味は良くて、ちょっと期待できるかも!とワクワク。

おぼろ豆腐は品切れだったのですが、手作りとうふを注文。
大豆の味がちゃんとあって、美味しくいただけました。

串モノを数本とサラダ、鳥茶漬けのほかに、後もう一品ぐらい頼んだ様な。(諸事情で更新に時差がありすぎて、記憶が飛んでおりまする~)

で。

どうしてこんなに印象が残ってないかというと、どれもそんなにこれは美味しいなーって思うものではなかったということでして。

でもこりゃまずい、っていうことでもなく、そこそこな味だしいいんじゃなかろうか、という印象なのでした。

ラストオーダー時間が早くて(たしか22:00ごろだったような)、閉店時間を知らなかった為、なんとなく早々に退席ムードに。

営業時間は後日調べたら、11:30~14:00/17:00~23:30という事になっていましたので、もう少し長居も出来たのでしょうが、お店が小さく、最後の2グループになったため、居づらくなってしまいました。

お腹が空いてはいなかったのと、21時という時間の為、メニューも売り切れがいくつかあり。でも、店内の雰囲気は落ち着いていて、日本酒や焼酎を楽しめる人にとっては、静かに過ごせるという点で非常に良いと思われます。

【リピーター度】☆2 チェーン店だし味は普通、雰囲気は良いので☆3のところですが、お酒を飲まない私にとっては味で勝負という部分もあるのでマイナス1。トイレが店の外で、しかもめちゃ遠いのは、ちょっと問題だね。

2010.01.19

かざがぐるま(居酒屋・渋谷)

1月お散歩グルメ会2件目です。

個室風情 かざがぐるま(以下URLはぐるなびサイト内)
http://r.gnavi.co.jp/g600137/

店内はお祭りがテーマのよう。みた感じは↑サイトの写真でどうぞ。

豆乳チーズ鍋がなんだかおいしそう、という事で、居酒屋ですが個室風情、というので、期待して行ってみました。

渋谷の夜の店は、通常時間によっては予約しておかないとなかなか入れません。
先日でしたが、電話では希望の時間に席は用意できるとのことで、あらかじめ予約をして行きました。

場所も比較的分かりやすいし、お店はきれい。予約効果ですんなり入店。

ただし。

実際通された席は、個室どころか、大宴会対応の大部屋。(笑

壁には江戸風鈴が一面に飾られていました。間接照明をいい感じで使っていて、内装は結構かわいいです。
後に分った事ですが、ここは風鈴の間というらしく、元々大宴会も出来る通常の席のようです。

なーんだ、個室じゃないんじゃん。いきなりガッカリ。
予約の時は何も聞かれなければ、テーブル席だとも言われなかったんですけどねー、勝手にお店の漢字四文字みて、個室だって思い込んだだけなんですけどねー。

個室っていう点がポイント高かっただけに、やっぱり、がっかり。

さらに、この日は年明けの週末ってこともあってか、コンパが多いようで、隣の席が近すぎるだろ!!ってくらい間隔が狭い。

いや。

間隔がナイに等しい。おまけに、2人用はテーブルがめっちゃ狭い。

でももうどうにもならないので、そこのところは諦めて料理をオーダーしました。

とりあえず、飲み物。
そして、トリスキーなまるむしさんが喜びそうな『手羽先揚げ・ちょい辛』、『黒ベーコンとパリパリだったん蕎麦のシーザーサラダ』、『美明豚の豆乳チーズ鍋』を注文。

突き出しは、大根とにんじんらしき野菜の細切りの煮物でしたが、ぶっちゃけあんまり美味しくない。油臭い感じって言うのかな?なんかあと口がよくない。二人とも一口頂いて残しました。

サラダは20cmほどの木製のサラダボールにてんこ盛り。2人では多すぎで、お代わり3回してやっとなくなる量です。3人で食べるといいかなーと。角切りハムの塩気がアクセントになり、味はフツーに美味しかったよ。(韃靼そばの揚げたのがカリカリで良い食感でした)

手羽先揚げは、辛さの基準が分らないので無難に真ん中のちょい辛を選択。
でも、食べてみると、全然辛くない。手羽の端っこの方で、ほんのちょっとピリッとするくらい。
甘辛と間違ってない?って思うくらいの感じです。まぁ、いいけどね。塩が付いてくるので、ちょいとつけて食べましたが、いくらも付着せず。まあいいか。

豆乳チーズ鍋はこのお店の名物料理みたいです。マスコミの取材も受けたらしい。
まずはスープを味見。うん、おいしい。優しいお味で、熱くなければごくごくいける感じ。(ヲイ
沸騰しすぎると湯葉が出来ちゃうかしらと思いきや、そこまで濃い豆乳ではないようで、鍋の縁に、タンパク質の塊がちょっとづつ層を作る程度。
にらとにんじん、大根にジャガイモのスライス、白菜とまいたけに豚肉が大皿に乗ってやってきました。
お味は、美味しいです。でも、最後の方は飽きるかなー。もうちょっとお塩イレテクダサーイといいたくなる。チーズにもうちょっと塩分含有されてれば、もっといいかも。
(手羽先で付いていた塩を返さないで、手元に残しておけばよかったネーと二人の反省点。)

一応、残りのスープはリゾットにするのがオススメのようなので、ご飯を一人前追加しました。水でさらしたパラパラご飯と、粉チーズが大さじ1くらい皿に乗ってきました。

味は……チーズいらないから、塩をオクレ。

 * * *

やっぱりここの一番の問題は、客席の一人当たりのスペースがめちゃめちゃせまいこと。

カセットコンロに大皿、サラダボールは大きいし、こんな狭いテーブルにそんなに並ぶわけないってーの。

客が多い時は、出すタイミングを計れっていったってそれは無理というもの。であれば、お鍋は少し後からご注文くださいとか、一言あると親切でしょ?と思ってしまった。

隣のテーブルは6人連れのコンパらしく。
タバコは遠慮なく吸うし、トイレに奥ん席の女子が立つと、手前の女子二人がぞろぞろと、こちらのテーブルに体をこすりながら民族移動。われらのコップやサラダボールや箸が当たって下に落ちそうなのですが、背を向けているので気付かれもせず。
手のひらでコップや皿に蓋をしないと、洋服の一部が入りそうなほどの狭さよ?

ちょっと食事するにはあんまりな環境。とても個室風情なんてうたっちゃダメダメ。追加のドリンクは言うまで来ないし、うたい文句の割には、あまりにも期待はずれ。

※ラムネの間・ビー玉の間は完全個室らしいです。名前の印象とは違い、決してもれなく個室風ではないので、予約の時に確認が必要です。

【リピーター度】☆2 
忙しい時期なので仕方がないけれど、予約、注文、配膳といろんなサービス面で気配りは期待できない。店内がとにかくうるさく、客が居なくなった後の次のテーブル準備の際、スタッフの出す騒音が異常なほど大きく、正直食事中の気分を壊すほど。
もうちょっと味が良かったり、個室でゆっくりできるなら、もっと評価は違ったかもね。