BlogTop > 2月, 2014

2014.02.05

あさってのほうがく

現実に振り回されていると、逃げ道を探したくなる。

そんな道などないと分かっていても、それでも。

生きていくために呼吸をする。

息を止めれば数十秒で苦しくなる。

やめられない呼吸。

意識しなければどうということのない当たり前の日常。

でも。

呼吸は意識するればするほど、こんなにも苦しく切ない永遠のものだと気がつく。

それでもやめることはできない。

とめてしまえば、今よりももっと苦しいことを知っているから。

そしてその苦しみの果てに、花が咲きほこる世界など、けっしてありはしないから。

生きるとはそういうことなのかもしれない。

* * *

『あさってのほうがく』

『理解と誤解』

『傷つかない、わけじゃない』

ぼんやりシャワーを浴びていて、ふと脳内に浮かんだタイトル。

……そこらに転がってそうだな。(苦笑

* * *

昔から、読むのも書くのもフィクションでファンタジーがいい。

現実は現実で体験するのだから、それ以外のメディアで知りたいとは思わない。

ずいぶん前に、乃南アサ好きの下読み氏に言ったこと。

考えてることが、中学生の頃とあんまり変わっていないような。←ダメ

……ファンタジー、バンザイ。

soko140205

てへ。σ(。>ω<。)