« | »

2012.10.01

日々こつこつとラッキーと。

10月です。

9月中にもう一回更新しようと思ってたら、すぎてしまいました。

先日、めっちゃ久しぶりに下読み氏と英語の師匠と3人で会う機会があり、大雨の中を電車移動。

もともと3人は都内徒歩圏内にいたんですけど、引越し後、私だけが遠い住まいになったり、下読み氏は仕事がめちゃ忙しいし、英語の師匠は日本とアメリカを行ったり来たりで、なかなか会えず。

でもって今回は、会えても1時間ぐらいの予定だったので、たった一時間だけのために呼び出すのもアレなんだけどーと言いつつ、前の日に英語の師匠から連絡が入っていたんです。

というがですね。

前の日はまるむしさんと、あわよくば夜遊びするつもり(ヲイ)でお散歩グルメの会を決行したんだけど、まるむしさんの都合が付かないので、今夜はよい子解散ということで、日付が変わらぬうちに帰宅していたんですね。

で、次の日。
いつも忙しい下読み氏が午後1時間だけ時間作れる!ッてことで話が始まった、ある意味同窓会(笑)的なカフェでの集まりに、んじゃ、私も朝帰りじゃなくなったから行くわ!!ッてことで、家にいても暇なので、どうせ行くならちょっと早めに出るから、とりあえずふたりで話そうってことで、午後1時には英語の師匠の(日本の)自宅に移動することとなりました。

それが予定の2時間前。

道すがら新しいアイシャドウも買おうと思っていたので、少し早めに家を出て、その延長線で手土産にBerry cafeのタルトを買ってる最中のこと。

なななんと。

急に午後の用がキャンセルになったから、1時には行けることになったよ!ッて下読み氏からメールが。

おまけに「renは私が拾っていくよ!」ってことで、師匠宅の最寄り駅まで行った私は、下読み氏運転のベン2のお出迎えつきで、何年ぶりかで師匠宅に集結と相成ったわけです。

めっちゃ微妙なスケジュール変更の末、最良の展開になったという話。

私の仕事の苦労話をふたりともとっても心配してくれて、renは辛抱強すぎると言われたこともあってか、またまた『やめたい風』が私の心には吹き始めていますが(苦笑)、とにかくがんばっていると、たまーにこんな風にラッキーがやってくる。

ささやかだけど、今の自分にとっては、とっても大事なコトだったんだよねー。

何より、言葉や気持ちがまっすぐ伝わるって、ホント楽だー。(つくづく……。)

Comment list

 あー、これ共感できます。
 「共通の言語」が通用する相手と話をする時は、言葉を選んだりする手間が要らないからとても楽に話せますよね。そういう相手がいること自体が幸せですね。言葉を選ぶ必要がない分、より深い話までできますよね。メールよりも電話、電話よりは直接会うことの方が心にダイレクトに響くから、こういう機会は貴重ですよね。特に大人になってしまうと。

 私も友人が東京にいますが、当方は本州の西の果てにいるためなかなか会いに行く機会がありません。たまには電話でもしようかな。

この一年ほど、先入観や思い込みの激しい強気な人との仕事で、仕方なく歩み寄るばかりの状態が続き、コミニュケーションが面倒になっているので、感覚が近い人との時間は本当に貴重です。

受け入れがたい状態で思考の拘束時間が長くなれば、だんだん心に余裕がなくなるので、それまであった自分の信念や感覚を疑い、多角的な見方が出来なくなってしまいがち。

そういうときに、一度、原点に戻れるというか。

あ、自分がそう感じていることは、おかしくないんだな~って。

きっとそうなる前の自分を知っている人は、自分が今、なにに悩んでいて、どんな答えを求めているのかをよくわかっているのでしょうね。

ぜひkuriさんも、お友達との楽しい時間をお過ごしください!

Comment