« | »

2011.03.23

テストがてら。

こんばんは。

世間が新たな水騒ぎに動揺するなか、大使館の指示で一時帰国した英語の師匠が、アメリカには日本のニュースがあまり入らないから、今どんな状況なのかと、不安がってメールをくれている今日この頃です。

スマホのブラウザ設定が出来て、そこはかの更新が出来るようになったので、ちょこっとテストがてら、最近の思いを。

確かに不安はつきませんが、不安がっても、日々の生活は続けるしかないわけで。

原発がああなった以上、水の汚染は想定内だけど、なったからどうする?って話。

海外メディアが言ってるみたいに、政府は本当の情報を隠しているんじゃいかなんて、むやみに疑っていたら、それこそパニック起こすだけ。

故意に情報を隠すなら、特定の野菜に出荷規制かけたり、乳児に水道水を飲まないようになんて、国がイチイチ言わないと思う。

それに少なくとも、現場で被爆の危険性を覚悟で頑張っているすべての人たちのことを考えたら、きっと近隣の私たちの感じる不安なんて、比にならないと。

今は自分たち大人が情報を冷静に分析して、未来ある子供たちを守り、やるべき仕事をきっちりこなし、いつもよりちょっとだけ慎重に生活をしていくことを努めていく。

そして、ちょっと言いにくいことを、あえていうなら。

阪神淡路大震災と、今度の東日本大震災は、周辺都市の人の行動が、似ているようで、少し違う気もします。

買い占めなんかの行動にもあるように、要所要所で少しだけ利己的な行動をする印象もあります。

被災範囲や被害件数が、比べものにならないくらい広いこと、広島、長崎の原爆以降、多くの人たちが未経験である被爆への恐怖。

こんな要因も大いに関係してるでしょうし、やっぱり少なからず起きること。

あくまでも私個人が、同じような距離感で双方を経験して感じることです。

でもね。

思ったよりも、先は長そうだよ。

だからこそ、無駄にパニックにならないようにしないとね。

Comment list

No comments.

Comment