▲Gallry ▲new ▼old


われても末に……

万葉の悲運歌



瀬を早み 岩にせかるる 滝川の われても末に 逢はむとぞ思ふ

崇徳院(第75代天皇)が保元の乱に破れ
讃岐へ流されたのちに作られた歌。
一見ロマンティックな恋歌にも聞こえますが
実は。
都(後白河朝廷)への、そして、現世への怨をこめた歌だったり……。